業務内容のご案内

浮気調査

夫(妻)の浮気の事実を確かめたい。
浮気相手の事を知りたい。
慰謝料請求のため、浮気の証拠をつかみたい。
離婚を有利に進めたいので、浮気の証拠をつかみたい。
裁判に向けて証拠写真が欲しい。
離婚したくないので、浮気の証拠をつかみたい。

素行調査

夫(妻)が浮気をしていないか確かめたい。
勤務中の行動を知りたい。
出張中の行動を知りたい。
別居中の相手の行動を知りたい。
一人暮らしの子供の様子が知りたい。
子供の結婚相手がきちんとした人か確かめたい。
結婚前に彼のプライバシーが知りたい。
別れた夫(妻)の転居先の住所を知りたい。

★わが社では犯罪性・違法性および差別に関わる調査は一切行っておりません。

契約の流れ

相談

まずはお電話かメールでご相談。
どんな些細なことでも構いません。
あなたのお悩みをお聞かせください。
相談・見積は無料です。

説明

こちらから、費用や調査方法などについて説明いたします。
分からない事や、気になる点等ございましたら、遠慮なくお申し付けください。
お客様が納得するまで、丁寧にご説明いたします。
この段階でお断り頂いても、費用は一切かかりません。

納得

説明を聞いてすぐに契約する必要はございません。
一旦持ち帰って、じっくり考慮していただいて構いません。
その上で、契約を結ぶか、保留するか、他の探偵社に依頼するか、それはお客様の自由です。
説明を聞いたうえで納得されるまで、こちらから無理やり契約を迫ることはございません。

契約

説明を聞き、お客様が納得されて、いよいよ契約です。
契約はお客様のご都合の良い場所(ファミレス等)でも構いません。
一人で来るのが不安な方は、親御さんや親しい友人などとご一緒に来られても構いません。
対面なさらなくても、郵送やメールでの契約も承っております。
この段階で契約をお断りいただいても一向に構いません。
遠慮なさらずお申し付けください。

調査

ここからは当探偵事務所が動くことになります。
お客様は落ち着いて、じっと待っていただくだけで十分です。
ご希望の方にはリアルタイムでの報告も行っております。

報告

調査報告書や写真、動画、音声等をお客様にお渡しいたします。
別途報告書作成費や機材使用料、写真撮影費用等は請求しておりません。

調査完了後、慰謝料の請求や離婚協議書の作成、調停の申立てをしたい方には、当探偵事務所在籍の行政書士がアドバイスを行っております。
また、必要な方には弁護士の紹介も行っております。
ご希望の方は遠慮なくお申し付けください。

夫が浮気をしているかもしれないけど探偵に頼む勇気が出ない

「夫の様子がおかしく、浮気を疑っています。
既に何社もの探偵さんに相談に行きましたが、相談だけで終わっています。
本当のことを知るのが怖いです。
調査をしたことで旦那に嫌われたりしたらどうしようと考えてしまって、そんなことを考えていると調査をする勇気が出ないのですが、毎朝目が覚めて夢でないことを知ると、死にたくなるほど辛いです。どうしたらよいでしょうか」

このような悩みを持たれている方は、こちらの方だけではありません。
今現在つらいけれども、ご主人から嫌われないか、捨てられないか不安で身動きがとれないのです。
調査をして旦那に嫌われたらどうしよう…ということですが、探偵に依頼したことをご主人に言う必要はありません。
墓場まで持っていけばいいのです。
ご主人の本当の姿を知る勇気が出ないのでしたら、調査をすることは勧めません。

ただ、このままですとご自身の苦しい状態は続きますし、浮気をしているのならば浮気相手の好き放題にした状況が続いていきます。
それでよいのでしょうか?

真実を知るのも怖いし、今の状態のままは苦しいし、ということならば、今ある苦しみから逃れる為には、ご自身の力で何かしら行動を起こさなければなりません。
今ある悩みは、あなたの人生そのものです。
調査結果がどう出ようと真実は真実として受け止め、自分が調査結果に対してどう感じ、この先どのようにしていきたいと思うのか、調査をすることにより、妄想ではない現実的な道を判断していけるようになるということは、ご自身が前に進むための大変大きな一歩となります。

予想とはうらはらに、浮気ではなく単に残業していたり、秘密の趣味を持っていたり、そんな結果が出ることもありますが相談者がおかしいと思うのにはそれなりの理由がありますから、99%は予想通りの結果が出ます。

調査をする目的もその後のご希望も一人一人異なりますが、悩み、考えて、先延ばしにしているうちに、相手が警戒するようになり証拠がとれなくなってしまった方、離婚を決めた時には浮気相手との関係が終わっていた方、離婚したくなかったのに浮気相手との間に先に子供が出来てしまった方……
後手に回ったことにより、ご自身の願望をあきらめなければならなかった相談者もたくさんいます。

もし浮気だったとしても、初期の段階でパートナーの異変に気付くことの出来た方は、どのような目的の方にとっても、まだ優利な状況にいます。

穏便に、有利に浮気の問題を解決する為には「相手が実際に誰と何をしていて、どちらが悪いのか?」という確かな証拠が必要です。
やると決めたら早いほうが良い点は、手術と似ているのかもしれません。

浮気調査に至った理由

パートナーの浮気でお悩みのご相談者が、探偵・興信所に費用をかけてまでも調査を依頼したその理由とは何だったのでしょうか。
探偵に浮気調査を相談するまで何度も迷い、ネットで検索したり、電話やメール相談をしてきた事でしょう。
そこまで覚悟した、探偵に依頼すると決めた決定打とは!?

パートナーの浮気に疑念を持った方、浮気の確信を得てしまった方の精神的な苦痛は計り知れなく大きいものです。
我慢できなくて問い詰めても本当のことを言わないかもしれません。
もしかして私の思いすごしかもしれない。
このまま浮気のことは知らないふりしてれば良いのかも。
親、兄弟、知人に相談しても、心配、同情してくれているようで、他人事みたい。
あなたは日々悶々と悩み続けることでしょう。
パートナーの不倫で悩み苦しんでる方は、何とか自分で解決できないものかと、一生懸命考えたり手を尽くしてきているのです。
まさか探偵・興信所に自分が相談することになるなんて夢にも思わなかったと言います。
多くの方が調査をご決断されるまで長い期間を要しています。
では、そのような方々が、最終的に探偵・興信所に調査を依頼すると決めたきっかけは何だったのでしょうか。

『夫の不倫を疑ってから2年。いくら問い詰めても、何もないの一点張り。
挙句の果てには「何か証拠でもあるのか?おまえの被害妄想だ」「おまえこそ不倫しているんじゃないのか?」などと言ってくる始末。
もうこのまま真実を知らなければ、こんなケンカをずっと続けていかなくてはいけない、もう我慢できないと頂点に達したからでした。』

『離婚を執拗に迫ってきたからです。
離婚を迫るから浮気してると踏んで探偵に依頼しました。』

『半年前から、急に別居をしたいと言いだし、離婚も言ってきた。
1年前には家族そろって旅行にも行っていたのに。
そう言えばスキンシップも拒むようになってきたことは気にはなっていました。
女でもいるんじゃないのかと、真実を知りたくて依頼しました。』

『夫が浮気をしていることは間違いないんです。
もう3年も様子を見てきました。離婚だとか別居だとかは言いません。
ただ私が問い詰めたり騒いだりしたときは「またその話か!」と逆切れで会話も成り立ちません。
もう限界です。どうして良いのかわからない。
もう本当に苦しいのです。
このままだと本当に私、死んでしまいそうです。』

『一度浮気がばれて夫と浮気相手と三人で話をつけたのです。
夫も浮気相手も深く反省していた様子で、「もう会わない、連絡もとらない」ことを約束させ、私は許しました。
でも、まだ二人は会う気がしてなりません。』

『一方的に子どもを連れて出て行ってしまったんです。
どこかアパートを借りている様子なんですが、場所は教えてくれません。
離婚届に印を押してと催促もしてくるし、子どもにもなかなか会わせてくれません。
だれか不倫相手でもいるんじゃないかと。』

『夫が浮気していることは以前から怪しいと踏んでいたんです。
それで夫の浮気相手が私の良く知っている女性だということがわかったのです。
私は何も知らないで彼女とお茶していたり電話で話していたりしていました。
夫もどうしょうもない男ですが、あの女のとった行動はもっと許せません。
私は夫と離婚する決意をし、彼女からもしっかり慰謝料をとりたかったからです。』

『娘が夫の浮気に悩まされているんです。
娘は我慢しているようですが、もう正常な精神状態でなくなってきており心配なんです。』

『夫の浮気は間違いないと踏んでいます。
でも離婚なんて考えていません。
夫の目を覚まさせるにはまず過ちを認めさせるための切り札となる証拠が必要であると思ったんです。』

『ラブホテルで妻の車を見つけました。
しかし妻はまったく認めません。』

探偵・興信所に浮気調査を依頼する理由として、「浮気に終止符を打たせたいから」という方は非常に多いのですが、そのためにはまずは切り札となる浮気の証拠、つまり不貞を立証することが大切です。
ご自身で相手を認めさせるだけの証拠があれば良いですが、そうでない場合、まずはきちんとした浮気の証拠を探偵にとってもらうことが第一なのです。